防水工事

防水工事とは屋根やベランダなどに雨が入らない様にする為の工事です。外壁などの壁ではなく主に建物の平場に施す工事を指します。

防水工事の種類

ウレタン防水

ウレタン防水は塗装を行うことによる防水工法です。下地の形状に馴染み易く、水密性の高い連続皮膜が得られる為、屋上をはじめとした各種部位への防水に適しています。比較的、安価というメリットがありますが、塗膜の耐久性が低いため、定期的にトップコートの塗り替えをすることにより紫外線劣化にも長期間耐久性を保ちます。

FRP防水

FRP防水は、ガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませて強化した防水膜(FRP:繊維強化プラスチックス)を使用しているため、防水工事の中でも軽量で非常に優れた耐久性を持っています。硬い材質でキズが付きにくく、キズが生じてもその箇所のみを補修することができます。
熱や化学薬品にも強く、住宅での使用に留まらず、強い紫外線にさらされる屋上や工場などで用いられています。

ゴムシート防水

ゴムシートを重ね合わせてつないでいく防水工法です。伸縮性のあるシートを使うため、建物の構造を選ばず施工ができ、軽量であるためにコストも安価です。約12~15年という比較的長い耐久年数を持っていますが、シート自体が薄いため衝撃に弱いなど、接合部分の接着剤の耐用年数を考慮しなくてはいけません。

塩ビシート防水

塩化ビニールシートを使用し、工場で作られたシートなので品質は安定していて、仕上がりはとても美しいです。衝撃や磨耗に強く長期間優れた耐久性を持っていたり、工期が短くすむなどのメリットはありますが、その反面やはり結合部分の剥離が起こってしまったり、焼却するとダイオキシンが発生しやすいなどのマイナス面もあります。

アスファルト防水

アスファルト防水は、「埋め込みタイプ」と「露出タイプ」に分かれます。埋め込みタイプは、屋上やベランダといった人が歩く場所に用いられます。露出タイプは、屋根裏などの人がほとんど足を踏み入れないような場所に多く用いられています。10年は防水性能が続き、ウレタン防水に次いで安価というメリットがあるのですが、アスファルトを溶かすため悪臭が発生することから、住宅地での施工はあまり行われていませんでした。しかし最近では煙やにおいを極力抑えた「トーチ工法」が多く採用されるようになり、100年近い実績で信頼性のあるアスファルト防水が家庭でも施工しやすくなりました。

無料相談はこちらから↓


powered by crayon(クレヨン)